占い師が子どもを育てたら。

この占い師、二児の母につき。シンママフォーチュンテラーのブログです。

【PR】

娘の旧友(!)の家に行きました&最近小学生的に快適なモノ。

【PR】


f:id:siosaido1:20170623143352j:image

今日は、パープル(長女)の幼稚園時代のお友達の家へ、お招きいただき行って参りましたー。

公立小学校なら同じ学区だったのだけど、先方が私立へ行かれて学校が離れてしまったふたり。

でも、会ったらその瞬間から、時の流れを感じさせないフィーバーっぷり(!)に驚きを隠せません!!(笑)

公立でも、別々の小学校に行ってしまったお友達もあつまり、母達もつかの間の再会。

 

小学2年生にして、もう「旧友」がいるんだなあ……という

不思議な感慨……。

 

私は、小学生になった後は、同じ幼稚園から同じ小学校にあがった子としか、もう交流はなくなってしまいました。

そもそも小学校で、お互い卒園記念にもらった筆箱と下敷きを持っていたから、「あ、もしかして○○幼稚園から来たの?」みたいな感じでして、幼稚園時代からの友達という感覚じゃなかった……。

 

付き合いの長い友達。

なんか羨ましいです。

 

ちなみに、私が小学校に入ってから「幼稚園が同じだった」と知った、えせ付き合いの長い友達は(笑)

中学生になってからほとんど全く付き合いがなかったのですが、

なんとお互いが母親になってから交流が復活し、プライベートで会う仲になることができました。

 

人生ってご縁と不思議が、溢れているもの。

パープルにも、ピンク(二女)にも、大切にしていってほしいと願います。

 

さて、そんなパープルが最近、学校生活に取り入れてとても気に入っているもの。

それが、上の写真にありました、ランドセルのベルトカバーです。

 

実はこれminnneのやつで、

minne.com

ここでみつけた逸品!

 

夏になると小学校は半袖から袖なしで登校するようになるから、肩ベルトのあたりが蒸れるんだろうな……

と、おぼろげに予想していた中で出会った作品です。

しかも、たまたまなのですが……

私がパープルに作ってあげたお道具袋と、全く同じ柄のカバーがあったんです!

f:id:siosaido1:20170623143352j:plain

※右に写っているのが、お道具袋。

 

そんな理由もあって思い切って購入を決めたのですが、

実は登校時、ランドセルが肩に食い込んで痛いという感触があったらしく(全然気付きませんでした……)肩に当たる感触がかなり柔らかくなって、重さの感じ具合も違うみたいです。

1年生のときから、かなりガマンさせちゃったのかな……と、母反省。

 

ランドセルの肩が痛いとか、ランドセルが重いということがあるようなら

こうしてクッションを当ててあげると、うちの子みたいにすごく喜ぶかも。

ランドセルが重くて通学が億劫、体力を消耗するということも聞いているし、

私の当初の心配のように、肩ベルトが汗で蒸れるということもあると思うので、

そういったことでお悩みだったり、お子さんがテンションを下げているようなら、肩ベルトのカバーはとってもおすすめですよ★

 

作ってくださったSAKIIROさん、ありがとうございました!m(__)m

SAKIIROさんショップはこちら▼

SAKIIROさんの作品一覧 | ハンドメイドマーケット minne

 

私のminneのページはこちら▼

MagicStoneしおさい堂さんの作品一覧 | ハンドメイドマーケット minne

【PR】